診療科・部門のご案内

医療安全管理課

伊奈病院では医療安全管理課を設置し、専従の患者安全管理者を配置しています。
患者さまおよび職員の安全・安心を守るために、『職員が一丸となり医療安全に取り組める風土』をめざし日々活動しています。全職員からよせられたインシデント事例やアクシデント事例の報告をさらに詳しく情報をとり分析したり、改善策を提案したりします。また、当院は(財)日本医療機能評価機構の認定病院として、認定病院患者安全推進協議会から情報提供される様々な指針や事例に沿って対応するべく、各種マニュアルの整備や職員の意識向上に向けた研修企画をおこなっています。
患者さまの治療に対する疑問や不安を軽減するために、医療安全に関する相談対応もおこなっています。

院内医療安全に関する指針

1. 院内医療安全対策に関する基本的な考え方

医療安全は医療の質に関わる重大な課題です。また安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、当院及び職員個人が医療の安全の必要性・重要性を病院及び自分自身の課題と認識し、医療安全管理体制の確立を図り安全な医療の遂行を徹底することが最も重要です。このため当院はこの指針を活用し、医療安全対策委員会及び医療安全管理課を設置して医療安全管理体制を確立するとともに院内の関係者の協議のもとに、独自の医療安全管理規定及び管理のためのマニュアルを作成しています。また、インシデント・アクシデントレポートの評価分析により、マニュアル等の定期的な見直し等を行い、医療安全管理の強化充実を図るものとします。

2. 院内医療安全対策組織に関する事項

3. 院内医療安全のための職員研修に関する事項

職員個々の安全に対する意識、安全に業務を遂行するための技能やチームの一員としての意識の向上を図るための基本的な考え方及び具体的な方策について職員に対し年間研修計画に従い年2回以上研修会を開催します。

4. インシデント・アクシデントレポート報告に関する事項

組織で発生した事故・紛争を把握するため、そして、潜在する事故・紛争を防止し、対策を講じるため報告システムを導入しています。患者影響レベルによりレベル0からレベル5迄の報告判断基準に従い、電子カルテ上のシステム入力を行い、入力されたレポートは医療安全管理課で集計し、翌月医療安全対策委員会で報告しています。重要と思われる事例に対して患者安全管理者による発生状況の把握や関連部署との連携、必要に応じ職員への注意喚起や周知、指導を行い、対策立案・改善につなげ、評価していきます。

5. 院内医療事故発生時の対応に関する事項

院内医療事故が疑われる事例が発生した場合には、発生部署所属長が部門長・患者安全管理者に報告し、患者安全管理者は発生部署と協力して速やかに現状の確認、関係者への事情聴取、証拠保全等行い院内事故調査を行います。必要に応じて緊急対策会議を開催し、各種届出の必要性や院内医療事故調査委員会設置の必要性等検討し、対策を講じていきます。法令上の報告が義務付けられている医療事故と判断した場合には、マニュアルに沿い速やかに報告し対応します。また、必要に応じて外部委員を招聘し、支援を受けることができます。患者様・ご家族様に対しては誠心誠意を持って治療に専念し又説明等を行います。

主な活動

  • 職員からのインシデント・アクシデント報告の分析・対策立案のサポート・評価

  • 患者安全に関するマニュアルの整備

  • 患者安全管理に係わる調査

  • 患者安全に関する職員教育の企画

  • 院外からの情報の収集と院内周知活動

  • 患者さまからの医療安全に関する相談対応

  • 医療安全管理指針の閲覧の対応

伊奈病院の医療安全への取り組み

伊奈病院では、病院組織及び職員一人一人が医療の安全の必要性・重要性を認識し、安全な医療の遂行を徹底することを医療安全の基本的な考え方としています。患者さまに信頼され安心して医療をうけていただけるように、医療の質の向上及び職員一人一人意識の向上をめざしています。
医療安全全国共同行動に参加し、全国の病院と互いに協力しながら医療の質・安全の確保と向上に努めています。

院内医療安全に関する取り組み事項

医療安全管理体制

伊奈病院の医療安全管理の位置づけとしては、(財)日本医療機能評価機構の指針に基づき、医療安全管理体制を構築しています。その中心的な役割を担っているのが、医療安全対策委員会となります。全部署から代表者が参加し、医療安全管理統括責任者が中心となり、患者安全管理者が病院全体の患者安全活動を管理し、全職員からよせられたインシデント事例やアクシデント事例の報告書をもとに対策を立案したり、対策後の評価を行います。医療安全に関するマニュアルの作成や教育活動についても検討をおこなっています。
また、各部署には患者安全活動に関する決定事項が関係部署に周知され、確実に実行されているか現場の調整をおこなう役割を担当する患者安全推進者を配置しています。現場でのマニュアルの浸透や患者安全活動の実践の評価などを実施しています。医療安全対策委員会の下部組織には、多職種で構成される患者安全部会が設置されており、ラウンドや現場レベルの問題や検討された対策案を医療安全対策委員会の場で検討してもらう等の活動を行なっています。

患者安全活動

患者誤認防止に向けた活動

患者さまからフルネームでお名前を教えていただいております。また、入院されている患者さまには名前の記入されたリストバンドを装着していただき、確認をさせていただいております。
『患者参加の医療安全』の1つとして取り組んでいます。ポスター掲示や医療安全推進週間の取り組みとして、職員の啓発と共に患者様の声を伺っています。


院内研修

緊急コール訓練

医療安全情報・医療安全ニュースの発刊

職員から報告されたインシデント・アクシデントレポートを集計、院外からの情報、事故防止のための豆知識などの内容で、発刊しています。


患者参加の医療安全

入院時に『安全で快適な入院生活を過ごしていただくために』という説明用紙を配布しています。患者さま自身が意識的に医療に参加する、確認に参加するようご協力をお願いしています。
看護計画を患者さまと共に立案したり、『転倒転落アセスメントスコアシート』『褥創リスクアセスメントシート』を基に、患者さまに適切なケアを選択し、患者さまやご家族さまに提案しています。