病院のご案内

平成27年度 医療法人社団愛友会 伊奈病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 82 46 56 130 152 365 523 378 87
*10症例未満は(-)で表示しています。
*入院時満年齢を10歳刻みで表示しており、上限を90歳以上としています。

当院は伊奈町唯一の救急指定病院として、救急医療・急性期から慢性期医療に至るまでの幅広い機能を保持した、地域密着型中核病院です。入院患者さまは60代~80代が最も多く、全体の約70%を占めております。また、当院の特色として手術を多く実施しており、全体の約60%の患者さまが手術を実施しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 47 49.00 21.69 14.89 83.53
040080x099x0xx 肺炎等(15歳以上)手術なし 43 27.23 14.34 4.65 76.95
110310xx99xxxx 尿路感染症 手術なし 26 18.27 12.60 19.23 77.77
当院内科は、常勤医5名体制で診療を行っております。
特に肺炎(誤嚥性を含む)は、物を飲み込む(嚥下:えんげ)ことがスムーズにできるか、呼吸状態・栄養状態などの全身管理が必要であり、病院スタッフが患者さま一人ひとりの状態を考え、患者さんと一丸となり治療をしていきます。一般病棟で治療がひと段落した患者さまのうち、病状やご希望などによって院内の療養病棟へ移動する場合があるため、平均在院日数が長めとなっています。また転院率は、当院での治療終了後の継続治療として、他の医療機関(回復期や療養病院等)への転院も含みます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 17 11.24 7.84 0 59.71
060210xx99000x 腸閉塞 手術なし 15 9.60 9.17 6.67 76.87
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 11 7.55 6.01 0 72.73
当院外科は、常勤医4名体制で診療を行っております。
平成27年度は①胆嚢炎:胆嚢摘出術など手術あり②腸閉塞:手術なし③痔核:手術あり が主な疾患です。
①は胆嚢摘出術等の手術が必要な場合の分類です。②は点滴や安静・便通のコントロールにて腸閉塞の保存的加療(手術不要であると判断された場合の治療)を行った場合です。③は内痔核に対し、痔核手術(PPH)等を行った場合です。
PPH法とは1993年にヨーロッパで開発された、直腸粘膜脱・内痔核に対する画期的な治療法です。従来の手術では、神経の密な部分で手術するため、術後に大きな痛みを伴いました。しかし、PPH法は、特殊な専用器具を用いて、肛門より上の、痛みに対する神経が無い部分で処理を行うため、痛みが極めて少なく、早期の退院・社会復帰が可能です。日本でも2008年4月より保険適応になりました。痔が出て悩んでいるけど、痔の手術は痛そうでためらいがあるという方は、是非この治療をお勧めいたします。お気軽にご相談ください。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 77 32.31 27.21 0 75.13
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 69 9.43 11.98 0 31.70 半月板切除術
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 58 36.48 28.70 1.72 78.07
当院整形外科は、常勤医6名体制で診療を行っております。
地域医療を中核的に担う病院の整形外科として、外傷の急性期治療を始め、若年者から高齢者までの骨関節疾患、脊髄および末梢神経疾患など全般的な整形外科疾患に対して、専門的な診断と治療をおこなっています。
平成27年度は①変形性膝関節症:人工関節置換術などの手術あり②肘、膝の外傷:腱縫合術などの手術あり③股関節大腿近位骨折:人工骨頭挿入術などの手術あり が主な疾患です。②は、入院患者さまの平均年齢が比較的低く、スポーツ外傷を含む半月板損傷、前十字靱帯損傷、関節滑液包炎などです。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 24 28.75 18.08 8.33 77.46
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 17 4.12 5.51 0 63.41
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 13.10 10.02 0 75.00
当院脳神経外科は、主に脳卒中(脳梗塞、脳出血)、脳腫瘍、頭部外傷、頭痛、めまい、てんかんなどの疾患に対して、診療しております。また、伊奈町地域で唯一MRI(磁気共鳴画像検査)診断が可能な病院で、X線検査、CT検査、超音波検査、脳波検査も常時実施しています。また、救急対応については夜間、休日を除き脳神経外科の担当医師が常時対応しております。
平成27年度は①脳梗塞(入院時の意識レベルが比較的重篤ではない状態)脳保護薬使用あり②めまい(末梢前庭以外)③頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり が主な疾患です。③の主な疾患は、転倒後の脳震盪や外傷性硬膜下血腫で慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等の手術を行った場合の分類です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌 19 1 7
乳癌 11 1 7
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
*10症例未満は(-)で表示しています。
*1入院を1件としてカウントしています。(ある患者さんが1回目の入院で癌の摘出術をして、2回目の入院で化学療法をした場合、”2”とカウント)

当院では、悪性腫瘍手術や化学療法、緩和医療に至るまでの一貫した治療を提供しています。平成27年度においては、大腸がん・乳がんが主な疾患です。外来での化学療法にも対応し、治療に伴う副作用対策や苦痛を緩和する方法など専任看護師や薬剤師とともに患者さまと向き合ってできる限りお応えできるよう心がけています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0
重症度 1
重症度 2 15 42.67 84.87
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
*10症例未満は(-)で表示しています。
*ウィルスによる肺炎や、誤嚥による肺炎は含みません。

主に呼吸管理や点滴治療などを行いますが、患者さまの状態によって言語聴覚士が嚥下機能訓練を行います。
高齢化は肺炎の重症度を上げ、より長い治療期間を必要とします。退院後の生活目標が達成できるよう、治療・ケアを多職種がサポートします。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 33 31.00 79.48 10.87
その他 13 22.08 77.46 2.17
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
*10症例未満は(-)で表示しています。
*転院率については、当院での治療終了後の継続治療として、他の医療機関(回復期や療養病院等)への転院も含みます。

脳梗塞の治療は、一般的に血液をかたまらせないお薬を点滴に混ぜて、入院した日より7日間ほど投薬し、点滴の終了後は、継続して血液をさらさらにする薬を内服します。リハビリが必要な場合は入院数日後より開始します。神経症状が重く中長期にわたりリハビリが必要な患者さまの場合、リハビリを専門とする回復期リハビリテーショ病院などへ転院の際は、当院の医療相談員が親身に対応させていただきます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 101 0.12 1.18 0 64.31
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 10 0.20 1.90 0 61.90
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 10 1.60 16.00 0 70.80
内科では内視鏡を用いた手術を主に行っており、平成27年度においては①内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)と②内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)を合わせ111件行っております。当院のクリニカルパスでは入院当日に内視鏡的切除を行い、通常翌日に退院としています。
大腸ポリープは全人口の10~15%、65歳以上の30%に認められ、そのうちの80%が腺腫(腫瘍性ポリープ)です。家族歴に大腸がんおよび大腸ポリープの既往がある(稀に遺伝性のものがあるため)、検診で便潜血反応陽性、日頃から便通異常、腹痛などの症状があるなど、少しでも心配な点があれば一度大腸の検査をすることをお勧めします。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 46 0.98 4.65 0 68.15
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 3.00 5.96 0 59.52
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 15 6.20 20.80 0 73.67
成人の鼠径ヘルニア(足の付け根が膨らむ腹壁の病気。いわゆる脱腸)に対して腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(TAPP法)を行っています。お腹に3か所小さな穴を開けて、そのうちの1つから腹腔鏡というビデオカメラを入れ、モニター画面を見ながら手術を行います。
鼠径ヘルニアは腹壁が弱くなってできる病気ですので、やわらかい人工の網(メッシュ)をおなかの中からあてて腹壁の補強を行います。
体への負担が従来の方法よりも少ないため、手術後の痛みが少なく、日常生活への復帰が早いのが特徴です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股)(膝) 129 1.45 27.40 0 71.80
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 68 3.15 22.16 1.47 70.93
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 56 2.61 24.59 1.79 70.02
整形外科では、①人工関節置換術(股関節、膝関節)②椎弓形成術③脊椎固定術を多く実施しております。
進行した変形性膝関節症に対しては、人工膝関節全置換術を行います。この手術では、膝の前を約13cmから15㎝切開して関節を開き、傷んだ関節面の軟骨と骨を切除して、チタン製の「人工関節」をかぶせます。時間は1時間半から2時間程度です。手術後には、3~4週のリハビリテーションを行います。手術の2日後には車椅子、3日後からはリハビリ室で立ったり、歩いたりのリハビリを始めます。個人差はありますが、平均して1~2週間程度で杖歩行が可能となります。
また、当院では腰部脊柱管狭窄症などの腰椎疾患に対し、低侵襲手術のひとつとして顕微鏡を用いた腰椎椎弓形成術などを積極的に実施しています。これらの手術は、小さい皮膚切開で棘突起、棘間靭帯の温存が可能で、顕微鏡により肉眼で見えにくい神経周囲の観察がより正確となり、三次元的感覚も十分得られ、安全で正確な手術が可能になります。また、万が一、神経の硬膜が損傷されるなどの合併症が生じた場合でも、すぐに対応できるのも大きな利点です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
*10症例未満は(-)で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
*10症例未満は(-)で表示しています。
更新履歴
2016/9/30
病院情報の公表