病院のご案内

平成28年度 伊奈病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 11 87 53 46 142 172 333 536 429 104
※入院時満年齢を10歳刻みで表示しており、上限を90歳以上としています。

当院は伊奈町唯一の救急告示病院として、救急医療・急性期から慢性期医療に至るまでの幅広い機能を保持した、地域密着型中核病院です。入院患者さまは70代が一番多く、次いで80代、60代となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 変形性膝関節症 人工関節全置換術等 78 31.31 26.26 0 75.51
160620xx01xxxx 半月板損傷、前十字靱帯損傷 腱縫合術等 65 9.75 11.91 0 34.18
160800xx01xxxx 大腿骨頚部骨折 骨折観血的手術(大腿)、人工骨頭挿入術(股関節) 64 38 27.63 6.25 80.38
070350xx97xxxx 腰椎椎間板ヘルニア 椎間板摘出術 57 12.79 17.07 0 54.7
070343xx97x0xx 腰部脊柱管狭窄症 椎弓形成術 53 14.89 17.99 0 71.68
※転院率は、入院治療後の継続治療として他の医療機関(回復期病棟や療養病棟)への転院も含みます。

地域医療を中核的に担う病院の整形外科として、外傷の急性期治療をはじめ、若年者から高齢者までの骨関節疾患、脊髄および末梢神経疾患など全般的な整形外科疾患に対して、専門的な診断と治療をおこなっています。
院長を含め6名の常勤医師と、5名の非常勤医師で診療にあたっており、主に膝関節症に対する人工関節手術、スポーツ外傷による膝の手術、また脊椎に対する手術も積極的におこなっています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 49 38.84 21.25 4.08 86.8
050130xx99000x 心不全 手術なし 22 21.23 17.95 4.55 85.5
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 21 4.43 5.5 0 47.86
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 15 36.4 12.43 0 79.4
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 14 29.14 21.8 0 87.43
※転院率は、入院治療後の継続治療として他の医療機関(回復期病棟や療養病棟)への転院も含みます。

内科では、常勤医5名体制で診療をおこなっております。
誤嚥性肺炎、肺炎、心不全の患者さまの平均年齢は85歳を超えており、治療には呼吸や栄養などを含めた総合的な全身管理を必要とします。また、入院治療後の日常生活へスムーズに移行できるよう、病院スタッフが患者さま一人ひとりの状態を考え、患者さまと一丸となり治療をしていきます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x 腸閉塞 手術なし 26 10.23 9.08 0 76.81
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 13 7.77 5.85 0 66.54
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 10 20.1 15.92 0 74.6
060335xx02000x 胆嚢炎、胆嚢ポリープ等 腹腔鏡下胆嚢摘出術 内視鏡的処置なし - - 7.61 - -
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし - - 7.89 - -
※10症例未満は(-)で表示しています。
※短期滞在手術等基本料3に該当する「鼠径ヘルニア手術または腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を実施、かつ5日以内の退院」件数は含みません。

外科では4名体制で診療を行っております。
腸閉塞や痔核からあ悪性腫瘍等、外科領域全般にわたり幅広くバランスのとれた医療を提供しております。
胆嚢炎、胆嚢ポリープ、胆嚢結石、胆管結石などの治療では、内視鏡を用いた処置を先に行った結果、腹腔鏡下胆嚢摘出術が必要と判断される場合があります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx めまい等 手術なし 22 5.95 5.24 0 72.14
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 16 16.63 16.54 12.5 64.63
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.18 - -
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 19.35 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.87 - -
※10症例未満は(-)で表示しています。
※転院率は、入院治療後の継続治療として他の医療機関(回復期病棟や療養病棟)への転院も含みます。

脳神経外科では、常勤医2名体制で診療を行っております。
脳梗塞の治療では、原因となる危険因子の特定や原疾患の治療を並行して行い、発症後早期にリハビリテーションを開始することにより早期の社会復帰を目指します。また、万が一重症度が高く、緊急手術が必要な場合等は、適切に基幹病院の脳神経外科へ紹介致します。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 10 9.5 11.97 0 66
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.96 - -
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1 なし - - 18.22 - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1 なし - - 11.28 - -
080250xx99x0xx 褥瘡潰瘍 手術なし 手術・処置等2 なし - - 24.88 - -
※10症例未満は(-)で表示しています。

皮膚科では、急性膿皮症の患者さまが多くおられます。治療は主に薬物療法ですが、患者さまに生活習慣病等の併存疾患がある場合は、内科等の他の診療科の医師とともに治療を進めます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 13 - - - - 10 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※10症例未満は(-)で表示しており、手術の有無を問いません。
※1入院を1件としてカウントしています。(ある患者さまが1回目の入院で癌の摘出術をして、2回目の入院で化学療法をした場合、”2”とカウント)
※「再発」とは、初回治療(手術や化学療法)が完了した後の期間を問わず、当院での診療が行われた場合や、局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合をさします。

当院では、悪性腫瘍手術や化学療法、緩和医療に至るまでの一貫した治療を提供しています。平成28年度においては、大腸がんが主な疾患です。悪性腫瘍は、その性質や患者さまの状態、これまでに受けた治療の内容、効き方などを評価しながら、患者さまにあった治療を十分説明したうえで進めていきます。治療に伴う副作用対策や苦痛を緩和する方法など専任看護師や薬剤師とともに患者さまと向き合って、できる限りお答えできるよう心がけています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 7.27 51.91
中等症 36 28.22 81.69
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
※10症例未満は(-)で表示しています。
※ウィルスによる肺炎や、誤嚥による肺炎は含みません。

平成28年度においては、中等症の患者さまが一番多く、次いで軽症の患者さまが多くおられました。肺炎の治療は主に呼吸管理や点滴などを行いますが、患者さまの年齢により重症化しやすい傾向や入院期間が延長しやすい傾向があるため、患者さまの状態によって言語聴覚士が嚥下訓練(飲み込みの訓練)を行うことがあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 36 27.31 71.83 11.63
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
※10症例未満は(-)で表示しています。
※転院率は、入院治療後の継続治療として他の医療機関(回復期病棟や療養病棟)への転院も含みます。

脳梗塞の治療は、一般的に血液をかたまらせないお薬を点滴に混ぜて、入院した日より7日間ほど投薬し、点滴の終了後は、継続して血液をさらさらにする薬を内服します。リハビリが必要な場合は入院数日後より開始します。神経症状が重く中長期にわたりリハビリが必要な患者さまの場合、リハビリを専門とする回復期リハビリテーション病院などへ転院の際は、医療相談員が親身に対応させていただきます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節全置換術(膝関節、股関節) 122 1.66 27.3 0 73.3
K1426 椎弓形成術 66 2.58 17.91 1.52 70.35
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 61 2.41 9.39 0 56.59
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 51 1 2.49 0 47.78
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 51 3.35 34.9 5.88 77.2
※10症例未満は(-)で表示しています。
※転院率は、入院治療後の継続治療として他の医療機関(回復期病棟や療養病棟)への転院も含みます。
各術式の10症例以上ある部位や疾患別は以下の通りです。10症例未満は「その他少数あり」と表示しています。

K0821 人工関節全置換術:膝関節81件、股関節41件
K1426 椎弓形成術:頸椎症性脊髄症14件、腰部脊柱管狭窄症45件、その他少数あり
K0483 骨内異物除去術(骨折手術で挿入したプレート等を抜く手術):前腕32件、下腿19件
K0461 骨折観血的手術:大腿43件、その他少数あり

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 43 1.44 4.58 0 70.49
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 18 3.44 5.33 0 59.61
K7193 結腸切除術(悪性腫瘍手術) 14 4 18.29 0 75.21
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 13 0 1 0 68.08
K7435 痔核手術(PPH) 10 1.1 5 0 64.9
※手術を実施した診療科ではなく入院診療科で集計しています。

K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術:胆嚢炎11件(うち、内視鏡的処置のある件数含む)、その他は胆嚢結石や胆管結石によるものです。
K7193  結腸切除術(悪性腫瘍手術):UICC病期分類の割合は Stage I 42.9%、Stage Ⅱ 35.7%、Stage Ⅲ21.4%です。
K7211  内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)は主に内科の内視鏡専門医師が実施しています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 117 0.22 1.2 0 65.15
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 等 - - - - -
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - - - - -
※手術を実施した診療科ではなく入院診療科で集計しています。
※10症例未満は(-)で表示しています。

大腸ポリープは全人口の10~15%、65歳以上の30%に認められ、そのうちの80%が腺腫(腫瘍性ポリープ)です。家族歴に大腸がんおよび大腸ポリープの既往がある(稀に遺伝性のものがあるため)、検診で便潜血反応陽性、日頃から便通異常、腹痛などの症状があるなど、少しでも心配な点があれば一度大腸の検査をすることをお勧めします。入院期間は通常1泊2日で行なっております。安全面という点で入院治療を行なっており、合併症の発生状況次第では入院期間を延長する可能性もあることなど、ご理解の程よろしくお願いいたします。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、入院契機病名(入院のきっかけとなった病名)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示すものですが、当院では10症例未満であるため(-)表示としております。
更新履歴
2017/9/27
病院情報の公表