診療科・部門のご案内

整形外科

地域医療を中核的に担う病院の整形外科として、外傷の急性期治療を始め、若年者から高齢者までの骨関節疾患、脊髄および末梢神経疾患など全般的な整形外科疾患に対して、専門的な診断と治療をおこなっています。

院長を含め7名の常勤医と、6名の非常勤医で診療にあたっており、手術件数は年間1000件弱、主にスポーツ外傷による靭帯再建手術や関節鏡手術、変形性関節症や関節リウマチに対する人工関節手術、また脊椎や末梢神経対する手術も積極的におこなっています。また、関節リウマチや骨粗鬆症に対する専門的な診断や治療も得意とするところです。

検査設備として、マルチスライスCTやMRI、骨密度測定装置(腰椎および大腿骨頚部)などの整形外科的診断に必要な機器が揃っており、ハイレベルな整形外科を可能としています。さらにリハビリテーションスタッフは20名を越えており、充実したリハビリテーションも整形外科診療の重要なポイントです。

近隣の方々はもちろんのこと、埼玉県下の広い範囲の地域の方々に、当科ならではの整形外科診療を提供していきたいと考えています。

常勤医師

松村 重之(まつむら しげゆき)

整形外科を担当しています。脊椎脊髄疾患や関節リウマチなどを専門としていますが、どの分野でも拝見したいと思います。

平成17年12月までは上尾中央総合病院に勤務しておりましたが、平成18年1月より伊奈病院の院長として勤務することになり、心機一転地域住民の皆さまの健康維持にお役に立てるよう、病院機能を高めていきたいと思っております。

役職

院長

出身大学

帝京大学

専門資格

  • 日本整形外科学会専門医

専門領域

  • 脊椎脊髄疾患

  • 関節リウマチ疾患

石橋 英明(いしばし ひであき)

2004年から伊奈病院に勤務しています。
人工関節手術と骨粗鬆症診療、関節リウマチが専門です。
日本整形外科学会の広報渉外やロコモの普及、日本骨粗鬆症学会の骨粗鬆症リエゾンサービスの推進など長く担当しています。
また、埼玉県整形外科医会でも幹事、学術委員長をしており、この地域はもちろん、埼玉県、全国での運動器診療の向上を目指しています。

役職

副院長

整形外科科長

出身大学

東京大学

専門資格

  • 日本整形外科学会専門医

  • 日本リウマチ学会専門医

専門領域

  • 【変形性関節症】
    十分な保存的治療と共に、軟部組織へ侵襲の少ない人工膝関節・人工股関節手術を行なっています。
    人工関節手術は前日入院で、術後3週間程度の入院期間です。伊奈病院での16年間で、術後感染は1件、肺塞栓症は0件と極めて少なく、安全な手術、術後管理を心がけています。

  • 【骨粗鬆症】
    骨粗鬆症については、伊奈病院での専門的な診療をしながら、全国で薬物治療や骨粗鬆症リエゾンサービス関連の公演を行なっています。
    胸腰椎XP、躯幹DXA、骨代謝マーカーなどの検査と広範囲な疾患知識で適切な治療選択をしています(と思っています)。

  • 【関節リウマチ】
    DMARDs及び生物学的製剤で、症状を鎮め、関節変形が進行しない治療を実践しています。
    当院は内科系のリウマチ専門医、リウマチケア看護師もおり、充実した診療体制です。

経歴

1988年 東京大学 医学部 卒業
東大病院整形外科、三井記念病院整形外科勤務などを経て1992年に東京大学 大学院へ入学、1996年同終了、学位(医学博士)取得。
以後、米国セントルイス市ワシントン大学へ留学。
1999年より東京都健康長寿医療センター整形外科、2002年同医長、2004年より伊奈病院に勤務。
診療と共に、ロコモや骨粗鬆症に関する公演を全国で行なっている。
また、テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」、
NHK「今日の健康」、BS日テレ「深層NEWS」などのTV番組にも多数出演。
日本整形外科学会 広報・渉外委員会アドバイザー、ロコモチャレンジ!推進協議会委員、
日本骨粗鬆症学界評議員、骨粗鬆症財団理事、日本整形外科学会専門医、埼玉県整形外科医会学術委員長

中隯 政春(なかじま まさはる)

平成22年3月に蓮田一心会病院より転勤してまいりました。主に脊髄を担当しています。現在まで2,500例程度の色々な手術を経験してまいりました。
今後も、難しいケースだからといって逃げることなく、色々な疾患の治療に挑戦していくつもりです。よろしくお願いいたします。

役職

診療顧問

出身大学

東京医科歯科大学

専門領域

脊柱脊髄疾患

佐谷 隆洋(さたに たかひろ)

膝関節外科(スポーツ外傷に伴う靭帯損傷、半月板損傷等)を中心に、上肢及び下肢の 関節鏡手術や人工股関節手術、人工膝関節手術を行っております。

関節外科医として身につけた解剖学的知識、これまでの日常診療で得た経験 的知識を生かして、2015年より 陸上競技を始めました。

2016年(43歳)  100m  11秒80

役職

整形外科医長

出身大学-

弘前大学

専門資格

  • 日本整形外科学会専門医

  • 日本整形外科学会認定スポーツ医

  • 日本体育協会公認スポーツドクター

須賀 久司(すが ひさし)

平成18年より住み慣れた埼玉県での整形外科医局を離れ、大阪市立大学形成外科で5年間一般形成外科および悪性腫瘍切除に伴う再建外科を学び、その後大阪の京セラドームの前にある多根総合病院整形外科で3年間を過ごして埼玉に戻ってまいりました。

役職

整形外科医長

出身大学

山梨医科大学

専門資格

  • 日本整形外科学会専門医

  • 日本手外科学会専門医

専門領域

  • 怪我などによる上肢の損傷(骨・腱・神経・血管・皮膚)に対する治療や、日常生活で生じる腱鞘炎・神経の圧迫によるしびれや運動障害に対する治療などの手の外科が専門です。また。感染や骨欠損などが原因で生じた偽関節や手指の障害に対しては顕微鏡を用いた遊離組織移植による再建外科も行います。

佐々木 剛(ささき ごう)

令和2年4月から整形外科に勤務しています。
専門は脊椎外科で脊椎変性疾患を中心に診療しています。
13年間、同グループの上尾中央総合病院に勤務していましたが、今回、縁があって伊奈病院に勤務することになりました。
 伊奈病院の地域医療に尽力していく所存でございます。何卒よろしくお願いいたします。

役職

整形外科医長

出身大学

帝京大学

専門資格

  • 日本整形外科学会専門医

  • 脊椎脊髄病認定医

専門領域

  • 脊椎脊髄疾患

樋口 忠弘(ひぐち ただひろ)

整形外科医として外傷や変形性関節症を担当しており、地域に根ざした医療を提供できるよう励みたいと考えております。専門分野はもちろん、整形外科疾患全般の治療に少しでも寄与できれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

出身大学

徳島大学

専門資格

  • 日本整形外科学会専門医

専門領域

  • 外傷

  • 変形性関節症

非常勤医師

石橋 俊郎(いしばし としろう)

整形外科を担当しています。スポーツ外傷が専門です。

出身大学

東京医科歯科大学

専門資格

  • 日本整形外科学会専門医

  • 日本リハビリテーション医学会専門医

専門領域

  • スポーツ外傷が専門で、膝の靭帯損傷・半月板損傷、肩関節脱臼、肩健板損傷、肘・足関節の障害などに対し、関節鏡を利用して小さな切開で手術します。

    その他、膝の人工関節、内反尖に対する腱移行術、関節鏡を使用した足関節固定術などを得意としています。