病院のご案内

令和2年度 伊奈病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 67 44 44 108 171 269 533 434 125
令和2年度に一般(急性期)病棟を退院した患者さまが対象となっています。入院時年齢を10歳刻みで表示しており、上限を90歳以上としています。
様々な年齢層の患者さまが入院されていますが、平均年齢は68.42歳、中央値は74歳となっており、中でも特に70〜79歳が多く533人でした。60歳以上の患者さまの割合は全体の75.65%であり、ご高齢の患者さまの占める割合が高くなっています。
年代別にみると、40歳代から50歳代では大腸ポリープや鼠径ヘルニアなどの消化器系疾患や椎間板ヘルニア、肩腱板損傷での入院が多くみられました。60歳代から70歳代は膝や股の関節症、大腸ポリープ、80歳以上では股関節や胸腰椎の骨折での入院が多い結果となりました。

※10症例未満は(-)で表示しています。
※小数点第3位を四捨五入しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症 人工関節置換術等 88 26.23 23.36 1.14% 74.08 PDF
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工関節置換術等 77 38.66 25.09 3.90% 83.10
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症 人工関節置換術等 54 22.57 21.03 0.00% 70.20 PDF
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 関節鏡下靱帯断裂形成手術等 52 20.87 17.59 0.00% 69.08 PDF
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 51 28.69 18.81 3.92% 79.88
膝関節および股関節、大腿骨(足の付け根)手術の症例が多いことが特徴となっています。疾患別では、1番目と3番目に多い人工関節置換術を実施した膝関節症では46.59%、股関節症では38.89%が70歳代の患者さまでした。
2番目に多い股関節や大腿骨の骨折については、骨折観血的手術や人工骨頭挿入術を実施した症例でした。70.13%が80歳以上の患者さまであり、ご高齢の患者さまの占める割合が高くなっています。4番目は関節鏡手術を実施した四肢筋腱損傷ですが、肩や指の腱断裂が多く見られ、52件中49件が肩の腱板損傷でした。5番目は胸腰椎の圧迫骨折で、手術を要さず保存療法としてリハビリテーションが主な治療となった症例でした。
転院率は4%未満であり、当院で治療が完結している場合がほとんどですが、継続的にリハビリテーションが必要な方など、回復期リハビリテーション病院へ転院され、治療を継続される方もいらっしゃいます。
また、当院では、地域包括ケア病床(病室)を有しており、急性期治療後もこちらの病室に移り、多職種で治療へのサポートを行いながら退院に向けた支援を行っています。自施設の平均在院日数には地域包括ケア病床(病室)の期間も含まれるため、全国の平均在院日数よりも長くなっています。

※小数点第3位を四捨五入しています。
※DPCコードは、基礎疾患を、重症度、年齢、手術・処置の有無、定義副傷病名などで分類しコード化したものです。DPC名称は、DPCコード毎の略式名称となっています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術等 46 2.33 2.66 0.00% 65.41 PDF
050130xx9900xx 心不全 20 27.35 17.23 20.00% 81.85
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 20 44.80 20.51 5.00% 81.40
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 19 20.58 13.00 0.00% 78.89
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 内視鏡的胆道ステント留置術等 18 9.83 9.53 0.00% 73.83
大腸カメラを用いて行う粘膜切除術を受ける患者さまが最も多くいらっしゃいます。より安全面を重視した治療を行うために、入院期間は通常1泊2日となっています。次に多い心不全、誤嚥性肺炎は80歳代の患者さまが一番多い結果となりました。誤嚥性肺炎は、高齢者や寝たきりの患者さまなど物を飲み込む働き(嚥下機能)の低下や栄養状態、免疫機能低下も発症に関与するといわれています。慢性的に発症する恐れがあり、口腔ケアや嚥下指導を実施しています。4番目に多い尿路感染症の89.47%、5番目に多い胆管結石の72.22%が70歳以上の患者さまです。
退院後も自立した生活が困難と思われる場合は、自施設の療養病棟への転棟を検討することもあり、在院日数が長くなっています。維持期リハビリテーションのため、他施設に転院される場合もあります。

※小数点第3位を四捨五入しています。
※DPCコードは、基礎疾患を、重症度、年齢、手術・処置の有無、定義副傷病名などで分類しコード化したものです。DPC名称は、DPCコード毎の略式名称となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア 15歳以上 鼠径ヘルニア手術等 45 6.36 4.86 0.00% 67.33 PDF
PDF
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 25 7.56 7.74 0.00% 54.04
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わない等 20 6.45 5.44 0.00% 41.35 PDF
PDF
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術等 20 2.10 2.66 0.00% 67.00 PDF
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない) 18 8.17 6.02 0.00% 62.00 PDF
鼠径ヘルニアや虫垂炎では腹腔鏡を用いた手術を多く実施しています。開腹手術よりも体への負担が少ないため、手術後の痛みが少なく、日常生活への復帰が早いことが特徴です。2番目の憩室炎の60.00%、3番目の手術を伴う虫垂炎の75.00%は50歳代以下の患者さまであり、比較的若い年齢層の患者さまが多い結果となりました。4番目の大腸カメラを用いて行う粘膜切除術はより安全面を重視した治療を行うため、入院期間は通常1泊2日となっています。5番目に多い乳房部分切除術を要する乳房の悪性腫瘍は40歳代から80歳代の患者さまです。50歳代以下が44.44%を占め、比較的若い世代の患者さまも多くいらっしゃいます。

※小数点第3位を四捨五入しています。
※DPCコードは、基礎疾患を、重症度、年齢、手術・処置の有無、定義副傷病名などで分類しコード化したものです。DPC名称は、DPCコード毎の略式名称となっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 24 4.21 4.94 0.00% 58.71
010060x2990401 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし エダラボン 副傷病なし RankinScale0~2等 - - 15.64 - -
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし - - 18.86 - -
010060x2990411 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし エダラボン 水頭症等 RankinScale0~2等 - - 17.35 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他手術あり 処置2なし 副傷病なし - - 9.68 - -
最も多かったのは前庭機能障害であり主に「めまい」を主訴とした入院となります。30歳代から90歳代までの幅広い層の患者さまが入院されました。
その他、脳梗塞では、発症3日以内で意識障害の程度が軽い症例や、非外傷性頭蓋内血腫(脳出血など)、頭蓋・頭蓋内損傷(外傷性硬膜下血腫など)の症例が見受けられます。

※10症例未満は(-)で表示しています。
※小数点第3位を四捨五入しています。
※DPCコードは、基礎疾患を、重症度、年齢、手術・処置の有無、定義副傷病名などで分類しコード化したものです。DPC名称は、DPCコード毎の略式名称となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 8
大腸癌 - - - - - - 1 8
乳癌 - 17 - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発:自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合
再発:自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者さまを診療した場合、また治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合

5大癌とは、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんを指します。病期とは、癌の進行程度、拡がりを示すもので、T: 原発巣の拡がり、N: 所属リンパ節転移の有無と拡がり、M: 遠隔転移の有無で分類されます。これをもとに各stageに分かれます。stage1(初期)からstage4(末期)の4段階で表しています。
初発では乳がんのStageⅡの症例が多く見受けられました。

※10症例未満は(-)で表示しています。
※小数点第3位を四捨五入しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 12 43.17 78.58
重症 10 23.50 85.70
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、日常生活でおこる肺炎であり、入院中や介護施設入所中に感染したものや誤嚥性肺炎は除きます。令和2年度においては、中等症の患者さまが最も多く、次いで重症の患者さまという結果になりました。重症度の分類はA-DROPスコアを用いており、年齢・性別・採血の結果・SOP2(酸素飽和度)・意識障害の有無・血圧で判定されます。
肺炎の治療は主に呼吸管理や点滴などを行いますが、患者さまの年齢により重症化しやすい傾向や入院期間が延長しやすい傾向があるため、状態によっては言語聴覚士が嚥下訓練(飲み込みの訓練)を行うことがあります。


※10症例未満は(-)で表示しています。
※小数点第3位を四捨五入しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 32 28.78 80.44 6.82%
その他 12 128.42 75.33 4.55%
40歳代から90歳代の患者さまがいらっしゃいますが、70歳以上の患者さまが90.91%を占めます。脳梗塞の治療は、血液を固まらせないお薬を点滴に混ぜて入院日より7日間ほど投薬します。点滴終了後は継続して血液をサラサラにする薬を内服します。リハビリテーションが必要な場合は、入院数日後より開始します。日常生活動作向上と社会復帰を図るためには、十分なリスク管理のもとに、できるだけ早くリハビリテーションを開始することが推奨されています。
発症日から4日目以降の患者さまの中には、自施設の療養病棟へ転棟された患者さまも含まれているため在院日数が長くなっています。
神経症状が重く中長期に渡りリハビリテーションが必要な患者さまは、リハビリテーションの治療を専門とする回復期リハビリテーション病院への転院を検討しています。

※小数点第3位を四捨五入しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝・股) 141 1.33 22.50 1.42% 72.68 PDF
PDF
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 59 3.15 30.03 8.47% 78.97
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 52 2.54 9.40 1.92% 61.92 PDF
PDF
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿) 50 2.28 16.58 0.00% 59.04
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単) 49 1.12 19.71 0.00% 68.67 PDF
最も多い人工関節置換術は、整形外科入院手術の20.70%を占め、内訳は膝関節89件、股関節52件です。2番目に多い骨折観血的手術(上腕・大腿)の内訳は上腕13件、大腿46件となっています。大腿骨頚部骨折に関しては、骨折観血的手術のほかに人工骨頭挿入術も行われますが令和2年度は35件でした。3番目の椎間板摘出術は52件でした。脊椎の手術は整形外科では161件となっています。4番目の骨折観血的手術(前腕31件・下腿19件)は10歳代~80歳代の患者さまであり、幅広い年齢層となっています。5番目に多い関節鏡下肩腱板断裂手術は49件で、同じく関節鏡下で行う前十字靱帯の手術は15件でした。
手術目的の予定入院の際は、手術予定日の前日に入院していただくケースが多くみられます。また、検査を行ってから手術実施ということもあるため術前日数に差がみられます。転院率が低く、大部分の治療が自施設で完結しています。

※小数点第3位を四捨五入しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 43 1.16 4.19 0.00% 66.74 PDF
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 29 3.41 5.90 0.00% 65.79 PDF
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 20 0.75 4.70 0.00% 41.35 PDF
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 18 0.00 1.00 0.00% 68.39 PDF
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 18 1.28 5.89 0.00% 62.00 PDF
最も多い腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術は、外科入院手術の18.70%を占めています。
鼠径ヘルニア手術の内95.56%、胆嚢摘出術の内82.86%、虫垂切除術は100%が腹腔鏡下手術でした。腹腔鏡下手術は開腹手術よりも体への負担が少ないため、手術後の痛みが少なく、日常生活への復帰が早いのが特徴です。大腸カメラを用いて行う粘膜切除術はより安全面を重視した治療を行うため、入院期間は通常1泊2日となっています。
当院では、手術目的の予約入院の際は、手術予定日の前日に入院していただくケースが多くみられます。また、緊急手術や検査目的入院の中で手術実施という方針が決定し手術を行うこともあるため、術前日数に差がみられます。

※10症例未満は(-)で表示しています。
※小数点第3位を四捨五入しています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 39 0.03 1.18 0.00% 65.33 PDF
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他) - - - - -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
最も多い大腸カメラを用いて行う粘膜切除術は内科入院手術の43.33%を占めます。より安全面を重視した治療を行うため、入院期間は通常1泊2日となっています。30歳代から80歳代の患者さまがいらっしゃいました。
大腸カメラで大腸ポリープが見つかった場合は、後日、大腸カメラでの切除を施行します。癌が否定的な小さなポリープは、日帰りで切除となる場合が多いです(多発ポリープの際は、数回の大腸カメラによる切除が必要となります)。癌が疑われるポリープや大きいポリープを切除する際は、数日間の入院が必要となります。
便潜血検査での陽性、血便、排便異常(便秘、下痢)、腹痛のある方は、大腸カメラ検査を受けられることをお勧めします。

※10症例未満は(-)で表示しています。
※小数点第3位を四捨五入しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.56%
異なる - -
この指標は、医療の質の向上に資する指標であり、臨床上ゼロにはなり得ないものの、少しでも改善すべきものとして、入院契機病名(入院のきっかけになった病名)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示すものです。

手術・処置等の合併症は手術・処置などの合併症が原因で入院された患者さまとなります。「手術・処置後の感染症」や「人工関節の脱臼やゆるみ」があげられますが、今回の手術・処置等の合併症に限ると0.17%であり極めて低い発生率でした。
起こりうる合併症については事前にご説明させていただき、各部門で連携を図りながら、医療チームで発生の予防に努めています。

※10症例未満は(-)で表示しています。
※小数点第3位を四捨五入しています。
更新履歴
2021/9/24
令和2年度病院指標を公開いたしました。